アルバム 詳細表示
◆社事暦
No.1

 楉(しもと)祭の奇祭で知られた本神社は、約2千年前、第十代崇神天皇の頃北陸地方を開拓した大彦命の勧請により創建され、奈良時代初期には高僧行基が二十四院七堂伽藍を建立し、万葉集にもその名が見えるなど、鵜坂神社の神威は都にも聞こえ、平安時代には神階従三位に上り、天皇の病気平癒を祈願する使いを度々使わされるなど延喜式神明帳に名を連ね、明治六年社格制定により県社となった越中有数の旧社である。





分田町内会を表示